あぶらとり紙の正しい使い方を知ろう

###Site Name###

女性の中には、あぶらとり紙を使われている人も多くいると思います。
暑い時期になると、鼻や頬のてかりが気になります。

しかし、みなさんは正しいあぶらとり紙の使い方を知っていますか。もしかしたら、今の使い方は間違っているかもしれません。

今回は、あぶらとり紙の正しい使い方を考えていきたいと思います。

脂によるてかりは気になりますが、乾燥による肌荒れも気になる方はいませんか。

皮脂はお肌を潤す働きを持っています。汗と混ざり、皮脂膜となって細菌や紫外線から肌を守っているのです。



だからこそ、ただすべて取ってしまえば良いというものではありません。酸化した皮脂こそ取り除かなければならないものなのです。

最近話題のあぶらとり紙についての知識を高めてもらうためのサイトです。

では、どのように使えば良いのか。


大事な肌にごしごしと擦ってはいけません。

優しく、ある程度の脂が残る程度に軽く肌に当てます。
気になる場所も力を抜いて、そっと触れるようにします。

ある程度、取れたことを確認したら化粧水で、肌に水分補給をさせてあげましょう。

4meeeに関しての関心度が高まっています。

美容液でも良いでしょう。
パウダーファンでは、薄くつけます。

すべての工程をソフトに優しく薄くが大切です。
肌は繊細で、デリケートです。ストレスを与えずに、いたわってあげるのが肌荒れを予防する鍵なのです。

このように、けっして肌の脂はすべてが悪いものではないことを理解しましょう。


使うべき脂は残し、使い古された脂はきれいに取り除く。皮脂を上手に使うことで、荒れることのないハリとつやのある化粧崩れ知らずのきれいな肌になりましょう。